ホ−ム犯罪被害に遭わないために未成年者の飲酒・喫煙の防止
未成年者の飲酒・喫煙の防止
  未成年者(20歳未満の者)の飲酒・喫煙は
未成年者飲酒禁止法
未成年者喫煙禁止法
で禁止されています。
 身近な大人が注意し、未成年者の飲酒・喫煙を防止しましょう。
 
法律では、
 未成年者の飲酒、喫煙の禁止 
 親権者及びこれに代わる監督者は未成年者の飲酒、喫煙を制止しなければならないこと 
 未成年者に酒類、たばこ又は喫煙器具を販売してはならないこと 
 酒類を販売又は供与する者、たばこ又は喫煙器具を販売する者は、年齢の確認その他必要な措置をとらなければならないこと 
が規定されています。
 

少年問題に関するご相談は少年サポートセンターへ  クリック




HOME