ホ−ム犯罪被害に遭わないために>児童虐待を防止するために
児童虐待を防止するために
児童虐待とは
   保護者(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護する者)又は保護者以外の同居人が、18歳に満たない児童に対し、身体的危害を加えたり、適切な保護養育を行わないことなどによって、子供の心身を傷つけ、健やかな成長・発達を妨げる行為のことをいいます。
身体的虐待
 児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えることです。
 
首を絞める、殴る、蹴る
熱湯をかける、溺れさせる
逆さ吊りにする、投げ落とす
激しく揺さぶる
タバコの火を押しつける
など
身体的虐待を受けた子どものイラスト
怠慢又は拒否(ネグレクト)
 児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食、又は長時間の放置、保護者以外の同居人による児童に対する身体的、性的虐待又は心理的虐待の放置その他保護者としての監護を著しく怠ることです。
 
乳幼児を家に残したまま長時間外出する
適切な食事を与えない
児童が登校する意思があっても登校させない
乳幼児を車中に放置したままにする
衣服や室内を長期間不衛生なままにする
 など
性的虐待
 児童にわいせつな行為をすること、又は児童にわいせつな行為をさせることです。
 
児童への淫行
性的行為の強要、教唆
児童ポルノの被写体にする
性器や性交を見せる
など

心理的虐待
 児童に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応、児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力、その他児童に著しい心理的外傷を与える言動を行うことです。
 
言葉による脅かし
児童の面前で配偶者やその他の家族に対し暴力を振るう
無視したり拒否的な態度を示す
他の兄弟姉妹との著しく差別的な扱い
 など
心理的虐待を受ける子どものイラスト

児童虐待を疑う際のポイント
 
生活環境の様子
室内やベランダ等にゴミが散乱していたり異臭がする。    
長期間、理由不明の不在が続いている。
昼夜を問わず保護者の怒鳴り声が聞こえる。
 
保護者の様子
子供が泣いてもあやさない。 虐待を受ける子どものイラスト        
子供との会話が極端に少ない。
乳幼児を置き去りにして長時間の外出をする。
情緒が不安定で、「死にたい」などの言葉を口にする。
繰り返し自分の子供を愚弄する。
兄弟姉妹に対し差別的な言動をしたり、特定の子供を拒否する。
配偶者間のケンカが絶えない。
病院に連れて行くような外傷があるにもかかわらず、放置している。
子供の様子
常に保護者を意識した行動を取る。(顔色を窺う、意図を察知して行動する。)
保護者と目を合わせない。異常に怖がったり、緊張している。 無表情な子どものイラスト  
全く躾がされていない。
異常な言動をする。(他児の性器を触る、性器を見せるなど)
昼夜を問わず泣き声や叫び声が聞こえる。
保育園や幼稚園、学校の欠席が多い。
異常な食欲がある。(人前でむさぼるように食べる、際限なくお代わりする等)
常に着衣の汚れがあったり、季節にそぐわない服装をしている。
食べ物を求め近所を訪ね歩く。
他人が手を挙げたり触れたりすると、とっさにそれを避けたりする。
言動が攻撃的で、他人に暴力を振るったり、動物虐待等を繰り返す。
基礎疾患がないのに発育障害(低身長、低体重、低栄養等)がある。
無表情、凍り付くような凝視をする。
頻繁に万引きをする。
児童虐待を説明する子どものイラスト
法律では、以下のように定められています
児童虐待の防止等に関する法律」から(抜粋)
(児童虐待に係る通告)
第6条  児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに市町村、福祉事務所、児童相談所等に通告しなければならない
第7条  通告を受けた場合に、市町村、福祉事務所、児童相談所等は、通告をした者を特定させるものを漏らしてはならない