ホーム犯罪被害に遭わないために>ひったくり被害に遭わないために
ひったくり被害に遭わないために
 
ひったくりとは
 
    被害者の不意を突いて、バッグなどの手荷物を一瞬のうちに奪い去る悪質な犯罪です。
  お年寄りや女性が被害に遭うケースが多く、中には犯人に転倒させられ怪我を負わされた事件も発生しています。
 
被害に遭わないための3つのポイント 
 手持ちのバッグは狙われやすい
ポイント 1  建物側にバッグを持ち、バッグを持つ側を通り抜けできないよう、道路の端を歩く
ポイント 2  バッグを抱えるようにしっかりと持ったり、バッグのひもを手首に巻き付けたりする
ポイント 3  ショルダーバッグはたすき掛けにする
 
バッグを抱えて持っているイラスト バッグのひもを手首に巻き付けているイラスト バッグのひもを肩にたすき掛けしているイラスト
バッグを抱える 手首に巻き付ける たすき掛けにする
 
自分だけは“大丈夫”と思わないで!!
 
  人通りが多く、明るい道を選びましょう
  時々後ろを振り返り、警戒姿勢をアピールしましょう
  110番通報がすぐできるように、スマートフォン・携帯電話はバッグに入れず、すぐ使用できるようにして歩きましょう
  いざという時のために、防犯ブザーなどのグッズを携帯しましょう
  スマートフォンを使用しながら歩いたり、音楽等を聴くために両耳にイヤホンをつけて歩くのはやめましょう
 
気をつけよう こんな場面
金融機関からの帰り道 女性の深夜のひとり歩き 高齢者のひとり歩き
  
もし被害に遭ったら
 
  自ら犯人を追いかけて怪我等をしないようにしましょう
  できるだけ大声で、周囲に訴えましょう
  防犯ブザーを携帯していれば活用しましょう
  すぐに110番通報するか、他の人に通報を依頼しましょう
  犯人の特徴(逃走手段・方向、顔つきや服装、人数等)をできるだけ多く覚えましょう
  被害品を確認しましょう
ひったくりに遭ったことを大声で知らせているイラスト
もし犯行現場を見かけたら
 
  その場で、すぐに110番通報をしてください
  時間、場所、犯人の特徴(逃走手段・方向、顔つきや服装、人数等)、負傷者の有無等を教えてください
ひったくりを見かけて110番をするイラスト
 
北海道警察旭川方面本部生活安全課