ホーム >各種申請手続 > 有効期限切れ申請

有効期限切れ申請

 運転免許の有効期限が切れてしまった(失効)人が再度免許を取得するための手続です。
 有効期限が切れた状態で運転すると無免許運転になりますので、絶対に運転をしないでください。
 旭川中央警察署・東警察署では、手続できません。

期限切れ理由 運転免許失効後の経過期間に応じた措置
うっかり失効
(やむを得ず失効以外)
6か月まで

学科・技能試験を免除
6か月を超え1年まで

適性試験合格後仮運転免許証を交付
 (大型・中型・準中型
  普通免許)
1年を超えた場合

免除規定なし
やむを得ず失効
(海外旅行や入院など)
6か月まで

学科・技能試験を免除
(ただし、有効期間内にやむを得ない事情が発生し、その理由の証明書があれば免許は継続していたとみなされます。)
6か月を超え3年まで

やむを得ない事情がやんだ日から起算して1か月以内に理由を証明する書類を添付して申請すると学科・技能試験を免除
3年を超えた場合

試験の免除なし
(ただし、やむを得ない事情が平成13年6月19日以前に生じた方は、事情がやんだ日から1か月以内で、理由を証明する書類を持参すると技能試験が免除されます。)
区分 旭川運転免許試験場で手続をされる方 住所地の警察署で手続をされる方
申請日 月曜日〜金曜日です。
土・日曜日、祝日・振替休日及び年末年始(12月29日〜翌年1月3日)は手続できません。
なお、試験場の日曜更新窓口でも取り扱いできません。
手続時間
即日交付
 8:45〜12:00         
13:00〜13:30
(ただし一般講習に該当の場合は14:30)
(受講済みの場合は16:30まで)
後日交付
  警察署で確認してください。
  即日、後日交付ともに更新時講習(満70歳以上の方は高齢者講習)などを受講していないと申請できませんので、あらかじめ受講してください。ただし、運転免許試験場では、当日の更新時講習(高齢者講習を除く)を受講して申請することができます。
  なお、運転免許取得者教育(高齢者講習同等)及び特定任意高齢者講習終了証明書は使用できませんのでご注意ください。
必要なもの
運転免許申請書(有効期限切れ用)、質問票
試験場又は警察署(試験場所在地の警察署を除く)で用意しております。
申請用写真 1枚
申請前6か月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景で鮮明なもの。
サイズは 縦3p×横2.4p・白黒でも可
※ 試験場では、写真コーナー(有料、4枚700円)を利用できます。
住民票 1通
本籍又は国籍等が記載されているもの(発行後6か月以内)
(住民基本台帳法の適用を受けない者は、旅券等)
印鑑(収入証紙の割印用〜署名でも構いません)
失効した免許証
(紛失された方は身分証明になるもの(保険証、個人番号カード(有効な住民基本台帳カードを含む。)、パスポート、学生証、社員証など)を持参して申し出てください。なお、学生証、社員証などについては学校等に照会する場合がありますのであらかじめ承知願います。)
 
やむを得ない理由で失効6か月を超えた方は、パスポート、診断書等の事情に応じた証明書が必要ですので事前に問い合わせてください。
   
暗証番号が必要です。
  現在の免許証はIC免許証となっているため、申請の際に暗証番号を設定することが必要です。
  暗証番号は4桁の数字2組です。事前に考えておくことをお勧めします。

手数料
試験・交付・講習手数料 取得される免許の数や種類により異なります。

※ 詳しくは旭川運転免許試験場 пF(0166)51ー2489にお問い合わせください。


北海道警察旭川方面本部交通課 旭川運転免許試験場
〒070-0821
旭川市近文町17丁目2699番地の5
 


北海道警察 旭川方面本部 郵便078−8511 旭川市1条通25丁目487−6 電話(0166)35−0110
ホームへもどる