ホーム110番・相談窓口について>110番の正しい利用方法

110番の正しい利用方法

 110番は、事件や事故が発生したときに緊急に警察に通報するための「警察専用の緊急用電話番号」です。相談や照会等緊急性のないものは、警察相談専用電話(♯9110)または最寄りの警察署、交番、駐在所にかけてください。 通報を受けるほくとくんのイラスト
1.正しいかけ方
110番は、市外局番を押す必要はありません。直接110番でつながります。
(旭川方面管内は全て旭川方面本部通信指令室につながります。)
110番する場合は、あわてず、落ち着き
・何が起きたのか
【旭川方面本部通信指令室】
(事件ですか?事故ですか?)
・いつ起きたのか
(通報する何分前の出来事ですか?)
・どこで起きたのか
(場所はどこですか?地番まで教えて)
・犯人はいるのか
(徒歩で逃げたの?それとも車?)
・あなたの名前は
(住所・電話番号も教えて)
など電話に応対した警察官の質問に答えて下さい。
 いたずらで110番すると回線がふさがり、事件事故で110番してもかからない場合がありますので、いたずら電話は絶対やめましょう。
 
2.かける時の留意事項
(1) 間違えた時
 必ず間違い電話であることを伝えてください。伝えないと事件・事故に遭っているのか確認のため、現場に警察官が向かいます。
(2) 携帯電話からの110番通報
 車を運転しながら携帯電話での110番は法令違反になります。必ず安全な場所に停止して通話してください。
(3) 番号非通知ではかけない
 話の途中で電話が切れてしまった場合、通報先が特定できず、かけ直すのに時間がかかりますので番号非通知での通話はやめるようお願いします。
 
★ メールやファックスでの110番
   インターネット接続可能な携帯電話のEメール機能を利用しての聴覚障がい者用メール110番があります。
   耳や言葉が不自由な人に利用してもらうため、専用のファックス110番(34−1110)があります。


 

ホームへもどる