ホーム > 旭川方面本部長からのメッセージ


 9月6日未明、胆振東部を震源とした、これまでに経験したことのない地震
が北海道を襲いました。
 地震の発生に伴い、北海道内全域で大規模な停電が発生し、長時間に
わたり多くの信号機が消えてしまう中、大きな事故もなく乗り切れたのは、
安全運転に対する皆様の御理解と御協力があったからだと、心より感謝い
たしております。
   また、この地震により多くの皆様が被害を受け、なかには大切な人を亡く 
 し、いまなお不自由な生活を余儀なくされて不安な時を過ごされている方もおります。 
  被災された皆様に心からお見舞いを申し上げますとともに、職員一同、一日も早い復旧・復興をお 
 祈り申し上げます。
 
  そして、警察はこのたびの地震に際し、これまで以上元気な北海道をつくるため、「治安維持」と言
 う形で、最大限のお手伝いをさせていただきます。
 “北海道は元気です”
  次に、「全国地域安全運動」の実施についてのお願いです。
  今月11日(木)から20日(土)までの10日間、「全国地域安全運動」が実施されます。
  期間中は、
   ◇  子供と女性の犯罪被害防止
   ◇  特殊詐欺の被害防止
 を重点に、取締りや警戒を強化するほか、積極的な情報発信に努めるなど、警察として様々な活動
 を行ってまいりますが、安心して暮らせる地域社会を実現するためには、皆様一人ひとりのお力が
 必要です。 
  特に、特殊詐欺につきましては、全体的には昨年に比べ認知件数・被害額は減少しているものの
 架空請求詐欺は、被害額が8月末現在で約7,100万円増加し、前年同期の2倍以上(北海道内)とな
 っております。
  さらに、この度の災害に便乗した新たな口実による特殊詐欺や悪質商法の発生も懸念されるとこ
 ろであります。
  子供や女性等の弱者を狙った犯罪、災害により大きな損失を受けている被災者や国民の善意に
 付け込む卑劣な犯罪を決して許してはいけません。
  期間中、14日(日)には、旭川市民文化会館で「旭川市民防犯大会」が開催されるほか、各警察署
 においても様々な取組が予定されておりますので、皆様のより一層の御理解と御協力、そして積極
 的な御参加をお願いいたします。
   さて、色とりどりの花々で、訪れる人々を魅了していた美瑛町周辺の風景も、気が付けば、黄色や
  茶色の色彩を中心としたパッチワークへと変化しています。
  夏とは違い派手さはありませんが、地味な色合いでも、それぞれのパーツがつなぎ合わさって完成
  される風景は、なぜか見る人を優しい気持ちにしてくれます。
 
  人それぞれ容姿や性格は異なります。
  その異なる人間の集まりが社会であり、その中で生活を営む一員として、与えられたそれぞれの
 役割を果たすことで、つぎはぎでも素晴らしい一つの社会が生まれるのだと思います。
  高く澄み切った秋空を眺めつつ、社会における警察の役割を思い起こし、地味な色彩(存在)であ
 っても、その作品(社会)に欠かすことのできないパーツ(組織)にならなければと考えています。
 
                                           平成30年10月1日
旭川方面本部長 中林  厚